会社案内 overview 会社紹介 PROFILE 製品情報 PRODUCTS ソリューション SOLUTION プレスルーム PRESS ROOM
00Solution.jpg

 

ObjectIN for
AppExchange

ObjectIN for AppExchangeは、オンデマンド・アプリケーションを実現するセールス・フォース・ドットコム社のSalesforceと連携する製品です。ユーザーはSalesforceの画面をブラウザから立ち上げずに、ユーザー固有のExcelシートを更新するだけで、Salesforceで管理している情報の登録や更新が可能となります。Excelシートのデザインはユーザー自身でアレンジすることができ、マクロ組み込みやカラム追加なども、通常のExcelシートを使うように自由に設定することができます。

特徴
取引先などの情報を一枚のExcelシートでメンテナンスが可能。
データ入力はExcelシートから。 シートのデザインによって複数のSalesforce画面の一括入力も可能。
入力用のExcelシートを更新するだけでSalesforceと連携しデータベースを更新します。
ObjectInはアドインを利用しないため、更新後のデータはExcelシート上の罫線やフォントに影響を受けず、Excel操作中でもリアルタイムに生成/更新されます。

データの変化にともないデータベースは自動的に生成または更新されます。
ログイン認証/Auto login機能により既存の認証システムに連携。
今後、さまざまなデザインシートの雛形を提供する予定です。
価格
月額3,150円(税込)から
詳細につきましては  info@vowcom.jp または03-4360-3971にご連絡ください。
各ソリューション詳細情報
ObjectIN for AppExchangeの詳細説明

top_salesfoce01.gif
 
 

 

シンクライアント対応

企業の情報漏洩対策の観点から、アプリケーションやデータなどを企業内のサーバー側で一括して管理・運用し、PCに一切のデータを保存しないシンクライアントの導入が増えています。ObjectINは、現在のところシトリックス・システムズ社のCitrix Presentation Server(TM)との連携を実現しており、シンクライアントでObjectINを利用することができます。今後各社が提供するシンクライアント プラットホームに順次対応していく予定です。

 
 

 

P to P対応

小規模のグループ内でObjectINを活用できるように、サーバーを介さずにユーザーが利用するPCだけでObjectINの機能を容易に利用することができます。つまり、クライアントマシンの中に、サーバー機能を含め全ての機能を実装することができます。「グループ内通信のためのクライアント」や「他のシステムと連携するためのクライアント」などを独立して実装することができます。

 
 

 

ASP対応

ObjectINは、サーバーを自社で構築せずにASPとして利用することもできます。ObjectIN を通じて配布されるデータはWebサービスとして流通されるため、ASPプロバイダーにとっても容易に自社のサービスメニューとして追加することが可能です。